Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xcx/cryptocurrency-media.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
注目のICO DECOIN(ディーコイン)

THE ABYSS(アビス)のホワイトリスト登録方法の手順解説

THE ABYSSのICO開始予定日が迫ってきてますね!3月7日予定でしたが、少し延期になったようです。

登録を済ませた方には🔥Rush to Whitelist🔥というメールが届いているので確認してみてください。

今回は優先購入のためのホワイトリストの登録を解説してゆきます。

登録にはTelegramが必要となります。多くのICOや暗号通貨のコミュニティは海外でTelegramを使っています。

より早く情報や優位性を得たいなら、この機会に登録しておくと後々のICOやエアドロップに参加しやすくなります。

購入の流れとしては、事前登録した後にホワイトリスト登録、その後KYC登録となりますので、早めに登録を済ませておくのが良いです。

スポンサーリンク

THE ABYSS(アビス)のホワイトリスト登録方法

まずはサイトへログイン。もし事前登録してない場合はこちらからどうぞ

事前登録はこちら

登録の参考記事はこちら
[blogcard url=”https://cryptocurrency-media.com/abyss/″]

 

サイトトップからはACCOUNTをクリック

 

PROFILEを表示させ、CONNECTをクリック

 

Telegramのアカウントがまだの方はこちら

Telegramアカウント作成こちら

 

TelegramのアカウントがあればPROFILEページのCONNECTから入る事ができます。

以下、PCバージョンでの画像となります。

 

STARTをクリックしてTheAbyssBotの質問に答えてゆきます。

 

botがPrease choose a languageと聞いてきますから「日本語」を選択。

 

この後、The Abyss DAICO [EN] CommunityやThe Abyss Newsなどの登録も聞いてきますので、Joinしておくと良いです。

すでに登録していたので、私の時はbotが勝手に進めてくれましたw

botが質問に答えるように聞いてくるので「わかりました」をクリック。

 

ホワイトペーパーを読んで理解を深めているならクリック。

 

いいえを選択しましょう。

 

出資金額の近いものを選択してクリック。

まだ決まっていないをクリックすると、botに出資金額の書き込みは必須ですと言われ、ステップ戻されますので注意しましょうw

 

上で選択した範囲内で予定している出資金額を具体的な数字で入力します。

対応機種によってはスライドバーなどの表示もあるようです。

 

botからの質問は以上で終わりです。

緑のチェックマーク表示でれば、ホワイトリストに登録されています!お疲れ様でした。

Twitterも勧めてきますので、フォローしておいてあげましょうw

 

PROFILEでもホワイトリスト登録できたか確認できます。

緑の文字でActivated!と表示されてれば登録完了しています。

 

この後はKYCの開始まで待つことになります。

アカウント登録したメールやTelegram、Twitterなどで連絡が入ってからKYCへの流れだと思います。

もし運営の方に質問がある場合は、こちらのThe Abyss[日本 / JP] – コミュニティのTelegramでは超絶美女が色々と質問に答えてくれますし、他の方のやり取りを見れば、問題解決も早いと思いますので登録してみてください。

The Abyss[日本 / JP] コミュこちら

 

延期中にDAICOのプログラムコード読める方が指摘記事を載せてて少し不安になったけど、その指摘に関しても回答されてたので不安が払拭されました。ICO参加の判断材料に目を通しておく事をお勧めします。

公式の指摘回答こちら

また、The AbyssはSEC(米国証券取引委員会)へ登録申請を行った事はとても安心材料になってると思います。サイトのトップページにも表示がでてますね。

SEC登録申請の記事はこちら

多くのICOから選ぶのも大変ですが、ICOまであとわずかですので、判断の材料になればと思います。KYCの時間が少ないように思いますが、DAICOの第一弾なので混乱なく進んで欲しいところですね。