Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xcx/cryptocurrency-media.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
注目のICO DECOIN(ディーコイン)

メディカルビット(Medicalbit)医療革命はブロックチェーン技術が起こす

みなさんは、ブロックチェーン技術によって医療の効率性を劇的に変えて、社会保障費や医療費のコスト削減を実現しようとしているメディカルビット(Medicalbit)という会社があるのをご存知でしょうか?

今回は、そんな目標のためにメディカルビット(Medicalbit)社が進めている次世代型電子カルテシステム「iMedsn」の開発プロジェクトと、プロジェクトのために実施予定のICOによるトークンセールについて解説していきます。

スポンサーリンク

メディカルビット(Medicalbit)とは


 

メディカルビット(Medicalbit)は、自社規格の診療所向け医療情報システムを、市場に普及させることを目標にしている会社です。

現在のかかりつけ医制度などでは、患者を診察してくれる医者が不足しているなどの問題点があります。メディカルビットは現在、その、従来の医療の問題点を克服するためのサービス開発をするためにICOによるトークンセールを計画しています。

メディカルビットは、プロジェクトの開発資金管理のために、日本国内ではなく、エストニア共和国に法人を設立しています。理由としては、エストニアでは、社会全体としてIT化を進めており、外国の企業が効率よく事業を行うことができるからです。

現場でのプロジェクト事業実施については日本法人のJpMedsnが行うことになっています。メディカルビット(Medicalbit)は、いま医療界に革命を起こそうとしている、注目の会社となっています。

メディカルビット(Medicalbit)が開発を進めているiMedsnとは

医療の現場には様々な立場の人が携わっています。当然、それぞれの人たちが、現場で求めているニーズも異なります。

紙の媒体でやり取りされている現在の医療環境では、その異なるニーズに対応できないという実態があります。 さらには、セカンドオピニオンに必要な紹介状も手書きであるなど、 非効率で2度手間をかけてしまう作業も多くみられます。

患者に対する医療は スピードが必要で、診察や治療のためにかける時間は、いつまでも先延ばしにすることはできません。

メディカルビットが開発を進めているiMedsnは、ブロックチェーン技術によって、情報の誤りが許されない患者のカルテをインターネットのクラウド上に保存して共有することを実現させます。

開発され、実用化されれば、現場の医療従事者や患者、薬剤・医療機器メーカーなどが、 一律に標準化されたカルテを使うことによって、 時間のロスや情報の伝達ミスをなくすことが可能になるのです。

さらにiMedsnでは、それぞれの病例で過去に実施されてきた処方例を検索して、それぞれの患者の方に最適な治療方針を調べることができます。

このように、iMedsnは、医療の効率性と正確性を従来より格段に向上させるので、不必要な診察や検査、投薬をせずに済むようになります。結果、市場に普及すれば、 診察や治療にかかる医療費や、社会保障費を削減することにつながるのです。

iMedsn健康アプリで患者を強力にサポート

iMedsnには、患者が診療された内容をもとに、自分に必要な医薬品の情報などを受け取れる「iMedsn健康アプリ」があります。

アプリの自動お薬手帳という機能では、患者が処方された薬のデータを記録して、症状に対応するジェネリック医薬品を表示してくれるので、医療を受けている当事者が安心して薬を選択することが可能になります。

また、健康サポート動画という機能では、多様な病気についてドラマ形式の動画を配信しており、患者が自分に関係する病気について、効率よく学習することができるようになっています。

アプリという、普段の生活を送る人にも身近なアイテムでサービスを利用できるようにして、iMedsnをより多くの方々に便利に使ってもらえるような工夫を施しています。


メディカルビット(Medicalbit)が発行するMBCコインの特徴

メディカルビット社は、iMedsnの利用するときに、自社発行の独自通貨「MBCコイン」を使えるように計画しています。MBCコインの流通を促進するために、コインに以下の特徴を付加させています。

① MBCコインでサービスを利用する場合は通常の料金より 一定割合の値引きがされる
これによって、 日本円で支払うよりもMBCコインで支払うことのお得感を引き出しています。

② iMedsnを利用する方が希望すれば、日本円で支払った金額の一定割合のMBCコインを受け取ることができる
MBCコインを、カード会社のポイントのように扱い、サービス利用者に還元されるような工夫をしています。

③ 将来的には、 iMedsn健康アプリに記録される、目標体重まで減量できた、喫煙外来を受診したなどの、健康に対する日々の努力に対して 、MBCコインでの報酬を設定する予定
MBCコインを健康の促進に努めている方々に対する報酬として扱うことによって、自発的な健康維持を促し、不必要な社会保障費や医療費の削減を可能にします。

MBCトークン購入の手順

メディカルビット社がICOで行うトークンセールでは独自の「MBCトークン」が発行されます。

MBCトークンは2017年11月27日から予約販売されており、プレセールの開始は2018年1月15日からになります。

今ならプレセール前の予約販売なので、以下のコードを入力して購入するとお得なボーナスが付いて購入することができます!

 

販売店コードにはS8q9278Aを入力すれば、お得なボーナスが入ります!
紹介者コードにはP0000286de3を入力して購入してください。

MBCトークン購入の手順

①Medicalbitのサイトにアクセスする

②サイトトップ上部にある‘‘MBCトークンを予約‘‘をクリックする

③予約申込フォームにメールアドレスを入力する

④予約申込ボタンを押す。

⑤メディカルビット(Medicalbit)からメールが届いたら、記載されているBTC及びETHのアドレスに自分の送金したい金額を入力する。

⑥完了メールが来れば登録完了です

以上の作業が完了後、MBCトークンの受け取り可能時期まで待つ事になります。

MBCトークンの受け取りの手順

①MyEtherWalletのアドレスを準備しておく

②受け取りアドレスやシンボルが記述されたメールの受信を待つ

以上の作業を完了させ、MBCトークンを受け取りましょう。

まとめ
今回は、いま医療の分野で注目されているメディカルビット(Medicalbit)のICOを紹介しました。

ブロックチェーン技術は、ビットコインなどの仮想通貨だけでなく、私たちの生活に欠かすことのできない医療の発展にも大きく貢献します。

メディカルビット(Medicalbit)が進めるiMedsnの開発プロジェクトが実現されれば、医療にかかるコストや社会保障費の無駄遣いは劇的に改善され、私たちがより質の高い医療を利用することができます。

みなさんも、トークンセールでMBCトークンを購入して、あなたの健康的な未来につながる、医療の革命を起こしてみませんか?